ベルリンで日本食材を買いにアジアンスーパーマーケットに行こう!お気に入りは韓国食材です

ドイツで日本食材を買うには、アジアンスーパーマーケットに行きましょう。 それほど種類はありませんが、基本的な調味料や食材はそろえることができます。 ただし、高いです。 仕方ないか・・・。

基本的な調味料をそろえることができれば、当分は用なしです。 が、私が注目したのは、韓国食材です。 日本にいるときから、キムチ、韓国のりは、必ず常備していました。 ここにも、もちろんありました。 しかも、日本のものと比べて安い、ような気が。 缶入りキムチを買ったのですが、200円くらいで、しかもとてもおいしかったです。 韓国のりもたくさん入っていて、200円くらいでした。 ただこちらはよく見ず買ったら、息子に、「わさびの味がしてからい!」と不評でした。 よく見ると、wasabi flavor(わさび味)と書いてありました。 私は食べてもわさびの味は感じませんでしたが・・・。 次に行ったときに、息子用に普通味?の韓国のりをゲット。 喜んで食べていました。 私は違いがわからない・・・。 なぜ~?

日清のカップヌードルも売ってます。 パッケージは違いますが。 まだノーマルのエビ風味、というものしかトライしていませんが、これは普通の日本で食べる一番シンプルなカップヌードルと大差ありません。 こちらは、行きの飛行機のエティハド航空の機内食(おやつかな?)でもいただくことができました。 他にもカレー味とかいろいろありましたが、またいつかトライしてみたいと思います。 値段も日本と変わらず130円くらいです。

まるちゃん正麺の5食パックは高かった。 1000円くらいでした。 日本では特売で300円くらいなのに? 3倍価格ですね。 もちろん、買ってませんよ~。

後日、アジアンスーパーマーケットではなく、普通のスーパーで、日清やきそば、を発見しました。

80円くらいで、日本と同価格。 でも何か違います。 青のりがついていません。 あと、麺も少し違うような気がします。 全然違うと感じたのはソース。 日本製はピリッとからさを感じますが、そのからさがありません。 息子は日本のはからいと言って食べませんが、こちらのものはOKのようです。 子供向きなのかな? リピ決定ですね。

私は韓国食材大好きなので、辛ラーメンもゲット。

 

100円くらいかな。 それと、外せないのは、梨ジュース(缶)です。

 韓国旅行の際には、必ずたくさん買って飲んでいます。 息子も大好きで、買ってくるとすぐに飲まれてしまいます。 ここでも売ってます。 100円くらいなので、韓国で買っても値段は変わりません。 韓国ものは何故か安く感じます。 他にもいろいろ挑戦してみたい食材が盛りだくさんでした。 

最後にお米の話題です。 すごくたくさん種類があるのですが、私たちが食べれそうな米はあまりないです。(ロングライスや変わったお米が多い) 高級特選寿司米、と書いてあるのが、いつも食べてるお米に近そうだったので、買ってみました。 1kgで250円くらいなので、ちょっと高いですかね。 次回は、近所のスーパーに売っているミルヒライスという1kgで80円くらいのを試してみようと思っています。