ドイツ・ベルリンで初ボルダリング体験!子供用ジムエリアが充実!

うちの息子は、日本で週1回、ボルダリング教室に通っていました。 とても楽しかったようで、ここベルリンでもどうしても行きたい、と出発前から言っていました。

生活が少し落ち着いたこともあり、ボルダリングジムを検索して、近くにあるか探していました。 いろいろなページを見つけたのですが、子供用があるかどうかわからず、しかも遠いところしか見つけることができませんでした。 そこで、近くに山岳グッズを売っている大きなお店があったので、行ってみました。 とても広く、子供専用のコーナーがあり、そこに小さなボルダリング体験コーナーもありました。

「やってみたら?」と言うと、恥ずかしがってか、なかなかやろうとしません。 何度も促し、ようやく始めたのですが、狭いところだったからか、すぐに終了してしまいました。 店員さんに、「近くに子供ができるジムはありますか?」と聞いてみると、PCで検索してくれ、最寄り?のジムをおしえてくれました。 電車で30分くらいで行けそうだったので、後日行くことにしました。

ジムはキッズエリアが広い!でも場所がわかりにくい所にあるのが難点!

日曜日、営業していることを確認して、家を出ました。 住所の場所に着いたのですが、入口だと思われるところから、中に入ることができません。 ??? インターホンもありませんし、ただ、中の様子は見えるし、大勢の子供の声が聞こえます。 しばらく、そこにいて、考えこんでいました。 子供は、「もう帰ろう」と言うし、でもここまで来たから諦められないし・・・。 ふと、裏にまわったら?と思い、裏手に行ってみると、ありました、入口が。 中には入れたのですが、今度は誰もいません。 靴を脱げ、と書いてあるようなサインがあり、靴を脱いで中に入りました。 階段があったので、上にあがると・・・ありました、受付。 やっとのことで、たどり着きました。

子供がすごくたくさんいて、どうやらパーティーをしているようでした。 みんな仮装してます。 仮装パーティー??? 受付の年配の女性がドイツ語しか話せなくて、コミュニケーションにとても困りました。 とにかく通じない~。 あまりにも前に話が進まないため、そのパーティーをしている子供たちのお母さんの一人に通訳をお願いし、なんとか入場することができました。 その説明によると、子供料金は2時間半で7ユーロ。 付き添いの私は、3ユーロかかる、と。 ここで、間違った説明があり、ドリンクやマフィンはご自由にどうぞ、と言われたのですが、後から大変なことに!

2階部分がすべてキッズコーナーのようで、とても広いところでした。 下は大人用なのか、行ってはいけない、と言われました。 私はせっかくなので、BIOのレモネードを飲むことにしました。 Wi-Fiフリーでネットが使えたため、待っていても退屈しませんでした。 靴のレンタルが3ユーロだったので、借りれば?と言ったのですが、いい、と。 ちなみにチョークも1ユーロで借りれるようでした。 その後、マフィンとアップルタイザーを追加で注文し、2時間半はあっという間に終わりました。 帰りに精算すると、11.40ユーロでした。 あれ?10ユーロじゃないの?と聞くと、注文したものがすべて勘定に入っていました。 帰りは若いお兄さんだったので、英語ができたため、英語で聞いたところによると、3ユーロまでは何も注文しなくてもかかる、ということだったようです。 なので、3ユーロ以内のオーダーにしておけば良かったんですよね。 失敗しました。 でもマフィンもジュースもおいしかったので、まぁ、いっか。 しかも、日曜日に行ったため、料金が一番高かったようでした。 今度は平日に行こうっと。

 

子供に感想を聞いてみたところ、「すごーく楽しかった」ようです。 また時々行きたい、と言っています。 他の子供と一緒に遊べたようで、言葉ができなくても、子供同士って大丈夫なんだな、と安心しました。 そういうわけで、リピ決定となりました。 行き道もわかったし、電車の乗り換えも簡単だったので、また近々行こうと思います。