ベルリンの現地小学校で学期終了!夏休みが始まりました!成績は???

ベルリンの現地校に行き始めて、約1か月。 1か月しか行っていないのに、成績表をもらいました。 もちろん、成績はどれも最低評価でした。 ドイツ語の話す、読む、書くの評価なので、当然と言えば当然ですね。 むしろ、そんなので成績つけていいの?と思いましたが。 算数のところは白紙でした。 なぜか、算数は初日に掛け算のテストをしただけで、その後はうちの子は一度も算数の授業を受けていません。 他の子が算数のプリントをしているときにうちの子が自分もやりたいと言ったのですが、やらせてもらえなかったのです。 理由は簡単だから。 おそらく、算数のレベルが低いんでしょうね。 ドイツ語をまずやれ、ということでしょうか。 新学期から少し不安です。 算数だけでも普通クラスに入れてもらえるかどうか聞いてみようかと思っています。 どっちみちドイツ語ができないので、それも難しいかもしれませんが。

現地小学校でやっていくことの難しさ!ドイツ語ができないとかなり厳しい現実!

現地校ではたった1か月とは言え、たくさんのトラブルがありました。 一番はドイツ語ができないことによるコミュニケーションの問題です。 うちの子はクラスでとても苦労をしているようです。 そのうち自然にドイツ語を覚える?なんだかそんな気がしませんが・・・。 そして困るのは連絡事項。 学校からは何一つ連絡がなく、いろんなことが変更されていてもこちらへ伝わりません。 おそらく、学校でドイツ語で説明があるのでしょう。 でもうちの子が理解できていないということをないがしろにされていて、大事な連絡がもらえないという現実。 プロジェクト週間のときには、どのグループかわからず、行くクラスもどこかわからずさまよっていましたし、終わりの時間も知らされず、どうしてよいかわからなかったり、とにかく不自由な思いをしたようです。 グループで移動するときも、うちの子だけ置き去りにされたようですし・・・。 泣いて電話がかかってきました。 最終日も、何も聞いていなかったので、通常の時間に終わるのかと思いきや、とても早く終わりました。 まぁ、日本でも最終日は終業式なので、早いですが・・・。 我が家はもう送り迎えをしていないのでいいのですが、低学年の同じクラスのアジア人の子はお母さんがまだ迎えに来ていなくて、うちの子経由で私が連絡したくらいです。 とにかく、学校は何もしてくれません。 なんとか新学期からの対策を立てなければ、と今から考え中です。

まずはドイツ語、プラスアルファで英語! 日本では英語をもう少しやっておくべきだったと後悔!

ドイツの学校に通うのだから、もちろん、ドイツ語ができないとお話しになりません。 せめてもう少し英語ができれば違ったのかな、と思っています。 学校ではほとんどの先生が英語を理解し、話せます。 なので、英語でコミュニケーションが取れれば、ほぼ問題なく学校生活を送ることができます。 うちの子はそこまでのレベルではなかったので、苦労も多いのだと思います。 低学年からであれば、どちらもできなくても問題ないようです。 聞くだけでどんどん覚えることができるようです。 うちの子はもう11歳なので、これから大丈夫かな、と心配になります。 なにぶん、できなくてもいいや、と思っているようで、覚える気があまりないように感じます。 その子の性格にもよるのかもしれませんが。  ちなみに現地校の子たちは、英語ができる子は半分くらいの印象です。 何人かに話しかけましたが、できる子もいれば、できない子もいて、何人かのグループだと一人はできるといった感じです。 お母さんはというと、英語できる率がこれまた半分くらいで、片言の人が多かったです。 同じウエルカムクラスのお母さんはほとんどというか全く英語ができない人ばかりでした。 片言同士のコミュニケーションの難しいこと! 心が折れそうになることがしょっちゅうです。 めげずに新学期から頑張ろうと思いました。(母だけ!本人はのほほんとしています!)