英語が上達する方法!まずは学校の成績アップのためにできることから始めよう

今朝、元生徒からメッセージが届きました。 「明日、英語のテストです。長文とリスニングと英作文はどう対策したらいいですか?」

彼女は、とても真面目な子で、塾にも行かず、コツコツと自力で頑張っています。 どの教科も平均以上ですが、どれももう一歩という感じが否めません。 自主勉強も見ていましたが、やる気にムラがあるのが欠点ですね。 せっかく、頼ってくれたので、いろいろとアドバイスしてみました。

まずは、長文について。 こちらは教科書とは全く違うオリジナル長文が3題出ます。 正直、かなり上のレベルでないと解くことは不可能です。 というより、時間が足りません。 初めての読み物を英語で読み解かなくてはいけないからです。 国語の読み取り問題の英語版です。 ここは、「別にできなくてもいいよ」といつも生徒に言っていました。 かなりハイレベルなので、ここは別にできなくてもいい、というのが私の判断です。 ここができないからと言って、成績にあまり反映されるものではない、と勝手に思っています。 (ちなみにこのテストは、とある中学校でのケースで、すべての学校に当てはまるものではない、むしろ特殊なケースですので、ご了承ください。) どうしても、ここが解きたいなら、日頃から英文のショートストーリーでも読んで、速読を練習するべきです。 ある程度のスピードリーディングができないと難しいです。

次に、リスニングについて。 NHKラジオ基礎英語を推奨しています。 中学生なら自分の学年に合った1,2,3をそれぞれやれば、そのまま文法とリスニングはテスト対策になります。 進度は学校より早めだと思います。 まず間違いなく、リスニング力は向上します。 小学生から始めることができます。 うちの子は、小学3年生から始めました。 ですが、本来中学生用ですので、自分に合ったレベルから始めたらいいのです。 毎日15分で、必ずリスニング力はアップします。 正直、この基礎英語1から3のリスニング力で、実際の日常会話レベルは十分と考えます。 大人でもう一度やり直し英語も、ここから3年間でマスターできますよ。 NHKは素晴らしいと思います。 テキスト代だけで授業は無料ですしね。 高いお金を払って英語学校へ行く必要はないと思っています。 しかも、番組が楽しく作られています。 うちの子は先のストーリーが気になって、先のスキットを読んでいたくらいですよ。

英作文について。 ここはなかなか難しいのですが、私がよく勧めたことは、日記を書くことです。 中学1年生の後半で過去形が始まりますが、過去形が書けるようになると、今日自分がしたことを毎日日記に書くのです。 最初は一日1文でもかまいません。 段々、増やしていければいいのです。 大事なのは、「毎日続けること」なのです。 それと、英会話にもつながるのですが、自分が言いたいことを英語で言ってみる、または書いてみるのです。 例えば、「あなたは今までにそこに行ったことがありますか。」という日本語を英語にします。 現在完了形の経験の文章ですね。 Have you ever been there?となりますが、ポイントは、行くという日本語からgoneにしてしまってはいけない、という点です。 goneとは「行ってしまってもう帰ってこない」という意味が含まれているので、ここでは使えません。 それと「今までに」のeverが使えるかどうか、ですね。 よくあるミスは、been to thereとしてしまう点です。 there, here, home, abroadなどは、前置詞がいりませんので、toを使ってはいけません。 結構、みんな間違えて覚えていたりします。 英作文はとにかくたくさん書いてみて、先生か誰かにチェックしてもらうと良いですね。(学校に時々やってくる外国人の先生がベスト!)

私のモットーとして、英語にお金をかけない!というのが基本なので、例えばお子さんに語学を始めさせたい、と思うのであれば、まずは基礎英語、ですよ~。 親は毎日15分の時間の管理を手伝ってあげて下さいね。 一人で始めるのは、小さいお子さんであれば最初はとても難しいので。 中学生以降は、自分で管理してやりましょうね。

明日のテスト、みんなの結果報告を楽しみにしています。