永住権を取るために必要な学歴!大卒以上は必ず必要?

早く海外に行きたくて、四年制大学ではなく二年制の短大を選択。

その判断が後に人生の明暗を分けることになってしまう。

短大卒業後、とにかくお金を貯めたくて、内定をもらった中で一番お給料の高い会社へ就職。

2年後、ようやくオーストラリアへワーキングホリデーで渡豪。

念願のオーストラリアの旅行会社へツアーガイドとして採用されました。

当時、ワーホリの人は同一会社で3か月までしか働くことができませんでした。

3か月後どうするかというと、会社に就労ビザを取ってもらう、という選択肢がありました。

そこで問題が発生します。

四年制大学を卒業している人は問題なくビザが取れたのですが、短大だと制約がつき、短大卒業後6年の就業経験があること、ということでした。

ということは、年齢が26歳以上でないと申請できないということになります。

当時、私は22歳。年齢でアウトだったのです。

そんなことって!!

知らないって怖いですね。当時はインターネットが普及しておらず、情報を集めることが困難でした。

知っていたら、短大に行かず、初めから大学に行っていました。

ビザが取れない、という現実は本当にショックでした。

同僚で大学卒の子たちはビザを申請してもらっていましたし、あの時ほど悔しい思いはありませんでした。

急がば回れ、ってこのことですね。

大卒にするために通信制大学を選択!ついでに教員免許も!

帰国後、フルタイムで仕事をし、再度オーストラリア行きの費用を貯めつつ、通信制の大学に編入学しました。

卒業する人は当時全体の1割以下とも言われていましたが、何が何でも2年で卒業してみせる!と心に決め、取り組みました。

国家資格があるといいかな、と気軽な思いで教職過程も取ることにしました。

そのため、膨大な単位数だったこともあり、結果3年かかって卒業することができました。

晴れて大卒になれたことで、オーストラリアへ戻ろう、と思っていたのですが、思ったより費用が貯められず、再度転職し、貯金を増やすことにしました。

いつかオーストラリアの永住権を取ることを夢見て。