イタリア人が自信を持ってオススメするベルリンで一番おいしいイタリアンレストラン

昨日、イタリア人の友達に誘われて行ってきた、ベルリンで一番おいしいと言われているレストランをご紹介しますね。

かなり前に、ドイツ語学校で同じクラスのイタリア人アナ(仮名)が、「ベルリンで一番おいしいイタリアンレストランは、私の彼が働いているところよ~」と言っていたのを聞いて、もう一人のイタリア人の友達シル(仮名)と行ってみたいね、とずっと言っていました。 今回、アナは仕事で来れなかったけど、シルが仕事が終わる時間に合わせて、シルの友達、ベジタリアンのインド人シシくん(仮名)も一緒に8時に店で待ち合わせました。 外のテラス席を希望したため、20分待ちでした。 たくさんの人が待ってました。 人気店なのが理解できます。 週末はすごい人だろうから、とわざわざ週末を外して行ったのだけど、それでもいっぱい! 週末は予約が絶対必要です。 場所はSバーン、Nordbahnhof駅から徒歩7分。 メイン通りから少し入った所にある、「Papa Pane パパパーネ」というイタリアンレストランです。

 

ドイツで一番おいしいイタリア料理? レストラン「パパパーネ」は連日超満員の人気店!

まず、メニューですが、イタリア語とドイツ語のみ!(もしかしたら頼めば英語メニューもあったのかも?) ここはシルが全部英語で説明してくれました。シルオススメのアンティパスト(前菜)は、エビとアーティチョークのサラダ! これが最高においしくて、感動でした。 

これはシルと半分こして食べました。 9€くらいだったかな。 うろ覚え。

こちらはベジタリアンのシシくんオーダーの温野菜とチーズのアンティパスト。 一口味見させてもらったら、これもすごくおいしかった!

ここからが大変、というか、メインのオーダーをどうやら忘れられたらしく、一時間も待ちました。 隣の席のカップルが、私たちより後に来たのに、先に食べていて、「あれ?」とは思ってたんですけど、ウエイターに頼んでもなかなか出て来ず、結局一時間後にメインが到着!(遅すぎるよ~) というわけで、頼んだのがこちら。

ピッツァマルゲリータ、6.5€。 安いのに大きい! お腹いっぱいです!

こちらはシル注文のピッツァパパパーネ。 確か10€くらい。 シル絶賛! ここまでのクオリティーは、本場イタリアでもまずない!とのことでした。 特にトマトソースが最高、って言ってた。 私も次回は絶対これを注文したい!!! お店の名前がついてるってことは、店的にも自慢の一品なのだと思います。

ここで、今度はまたシシくんのピザが届かない。 というか、間違えてオーダーが通っていて、また待つこと数分。 で、無事に届いたのがピッツァクアトロフロマッジ。(写真撮り忘れた!もうガツガツ食べてたから!) 上にたくさんロケットサラダが乗ってて、こちらもおいしそうでした。

散々待たされたけど、味は最高! お値段もお値打ちだと思います。 食後にデザート食べたかったけど、お腹はフルで隙間なし。 次回、ピッツァパパパーネとティラミス(5€)をリベンジすると固く心に誓いました。 

食後酒は「アマーロデルカポ」というアイスワインのような甘いイタリアンリキュールを初賞味!

食後にウエイターからお酒をサービスされました。 それがこちら。

Amaro del capoという、シルおすすめの甘いお酒。 イタリアに住むシルのご両親が毎日飲んでるということでした。 アマーロデルカポで検索してみると、28種のハーブ等を使った食後酒だそうです。 カナダのアイスワインに近い味がしました。 かなりキツイお酒なので、たったこれっぽっち飲んだだけなのに、フラフラで帰りは危険でした。 シルが「強いけど、ちょっとだから全然平気~」という言葉を鵜呑みにした私が愚かでした。 まぁ、普段は全くお酒飲まないので、たまに飲んだら大変なことになりますよね。 ですが、このお酒、本当においしいです。 どこかのスーパーに売ってないかなぁ。

今日、アナに会った時に「パパパーネ行ったよ」と話すと、次は自分も一緒に行くと言ってくれたので、次回は学校帰りにランチに行こうと約束をしました。 ティラミスが食べれなくて残念だった話をしたら、アナのおすすめデザートはチョコレートトルテだと教えてくれました。 うーん、どっちも捨て難い。 どっちを頼むか悩んでしまう。 余談ですが、アナの彼氏はこのレストランのウエイターでイタリア人の超イケメンでした。 見てるだけで癒される(笑) 

住所:Ackerstraße 23, 10115 Berlin

最寄り駅:SバーンBerlin Nordbanhof駅、UバーンRosenthaler Platz駅

営業時間:毎日12時から0時(日曜営業)