ベルリンの現地小学校は新学期が始まります!夏休み明けはちょっと辛いかな?

ついにドイツ、ベルリンでの夏休みも終わりです。 私たちは今年初めてのベルリンでの夏休みでしたが、聞いた話だと、今年の夏はとても涼しかったようです。 確かにすごく暑いと思った日は数えるほどしかありませんでした。 全体的に涼しいというか寒いと感じる日が多い夏休みでした。 湖やプールに泳ぎに行こうと計画していましたが、それもかないませんでした。

明日から小学校の新学期が始まります。 こちらでは9月が学期のスタートなので、ようやくここから始まる感じです。 前学期はわずか1か月しか通えなかったので、ドイツ語もまだ全然です。 そこで、夏休みは2週間だけですが、子供用のドイツ語サマースクールに通いました。 少しでも上達しているといいけど・・・。 学校がない時は、ダラダラと過ごしてしまったので、明日から朝きちっと起きて学校に行く、というのは始めのうちは少しつらいかもしれません。

新学期からはホルト(学童保育)に通います!申込手続が大変過ぎました!

うちの子が通っているのは、ウエルカムクラスという移民用のドイツ語を習うクラスで、通常のクラスより早く(ランチの前に)学校が終わってしまいます。 そこで、せっかくなので、小学校併設のホルト(学童保育)に通わせようと、申込みに行きました。 学校で聞くと、「ホルトで直接申し込んでね。」と言われ、ホルトに行くと、今度は「役所でバウチャーもらってきてね。」と言われました。 このバウチャーがないと、ホルトの申込ができません。 このバウチャーをもらうまでの長い長い道のり!! とにかく、、、大変でした。 何度役所へ行ったことか! しかも一か所ではないです。 あらゆる書類が必要で、もらえる所がバラバラ。 たらい回しとはこのことです。 まるで、RPGの実写版でした。 アイテムを手に入れるのにこれほど苦戦するとは! ボスキャラを倒さないと手に入らないレアアイテムの気分でしたよ、ホント。 しかも、ドイツ語ができない私にはかなりハードル高いです。 みなさん、英語片言ですし・・・。 最終的にこのバウチャーなるレアアイテムをゲットしたときには、感極まりました。(オーバーですが・・・)

ようやく、バウチャーを持って、ホルトを訪れると、「契約しないといけないから、改めて電話かメールで予約を取ってから来てね。」と言われました。 「なんじゃそりゃ~!!!」 わざわざ来たのに、門前払い? そりゃないよ~。 で、いったん帰って、予約のメールを入れました。 すると電話がかかってきて、「今日の3時に来てね。」と。 折り返し、またホルトへ向かいました。 そこで、契約なのですが、ここでも英語があまり話せない人とのやり取りで疲れました。 書面はすべてドイツ語なので、全然読めませんしね。 でもまぁ、無事サインして契約終了。 新学期から晴れてホルトに通えることになりました。 

ドイツでは何でも契約、ですね。 いろいろと面倒ですが、それだけキチンとしているんでしょう。 安心と言えば安心かも。 ただ、問題はこの契約、1年ポッキリなんです。 1年後、またこの超面倒な手続きをしなければならないかと思うと、それだけで憂鬱になったりします。 でもその頃は、私も少しはドイツ語ができるようになって、すんなり手続きできるようになることを願って止みません。